髪がスカスカで将来が心配だった僕の頭が、メンターに出会って、フサフサになった方法!

誰にも相談できない髪の毛のスカスカ!

僕は、29歳後半から髪の毛がスカスカになった35歳の独身男性です。

髪の毛の悩みって、悩んだ人でないと、ほんとにその気持ち分からないですよね!(>_<)

28歳の秋ごろに、頭を洗うと、手に髪が少しずつこびりつくようになり、同時に頭皮に違和感を感じるようになりました。

人に相談するのも恥ずかしいし、僕なんか、29歳後半の頃は、なんども薬局のおばさんに、「あのーっ」といった次の言葉が

恥ずかしくて出てこなくて、「どうしたんですか?」と言われてもそのまま店から出ていってしまったことが、何度もありました。

皮膚科へ行くのも、自分のコンプレックスをさらけ出すみたいで、嫌でした。

30過ぎると、追い打ちをかけられるように、母親から孫の顔が見たいとのリクエストが頻繁に!この頭スカスカ状態で、花嫁を探すのも気が引けてしまう!

そんなわけで、放っておくわけにもいかないので、僕もご多聞にもれずに、ネットを調べることでこの悩みを解決しようとしました。

ネットで調べても書いてあることはどれも同じ!

ネットを見ると、どのコンテンツも判で押したかのように、お決まりのパターンの情報ばかり・・

具体的には

髪がスカスカになる原因には、生活習慣によるものと、遺伝・体質によるものがあります。
育毛の効果を最大限に引き出せるように、生活習慣などは改善していきましょう。

生活習慣が改善できたら、とっくの昔にやっとるわい(-_-メ)

 

まずは皮膚科の受診をお勧めします。西洋医学の面からしっかり診断して頂けると思います。

医者に診てもらうのが嫌だからネットで調べてるんだろ(-_-メ)

ミノキシジルタブレットとプロペシアが最新の育毛手段であると現在、日本では考えられておりますが同治療は海外では
7年ほど前から用いられておりました。両方共に服用薬であることから面倒もなく、もっとも効率的な育毛手段であると
考えられておりましたが体調への違和感をお感じになる方が多く、ここ数年アメリカでは控えられている方法となっております。

医者の治療法がダメなら、代替治療法を示せ(-_-メ)


AGAに関してのアドバイスです。 
 思春期以降の男性では精巣から分泌される男性ホルモンが脱毛ホルモンに変わると、脱毛の危険があります。
 加齢により血行不良や新陳代謝低下、活性酸素増加の要因が含まれると脱毛の危険性が更に大きくなります。

だからどうしろっていうの(-_-メ)

極め付けは、芸能人の○○が使っている●●シャンプーならあなたの髪もフサフサ

そんな子供ダマシのような広告に誰が引っ掛かるか(-_-メ)

ある同業者の飲み会での一言が運命を・・

幸い僕は、父の建築関連の自営業を継いだため、同業の経営者たちと付き合うようになりました。
経営者ということで、ストレスのせいか?ヘルメットで蒸れるせいか?全体的に、髪の毛の薄い人が多く、自然と飲みにいくときは、髪の毛の薄い人たちとご一緒させていただきました。

そんな中である飲み会で、唯ひとり、毛がフサフサに変化した先輩の経営者がいたので、「社長っ最近アデランスでもいかれましたか?」と聞くと、僕に対して衝撃的な真実を語り始めました。

先輩経営者

俺たち男の体内には、男性ホルモンがあって、こいつに、人体にある酵素がくっつくと、最強のハゲ酵素が誕生するんだ。

そして、このハゲ酵素パワーは髪をぶち抜くだけでなく、髪の発毛サイクル、すなわち髪の寿命まで縮めるパワーがある んだ。


髪は本来、生え始めから抜けるまで6年の寿命があると言われている。この6年間に太く長く育って、俺たちイケメンのお手伝いをしているんだ。

ハゲ酵素は、この6年という寿命を強制的になんと、数か月ほどに縮めやがる力があるんだ。( ゚Д゚)

この髪の毛を抜けさせる力を封じ、かつ毛母細胞への血流をよくしてやると、髪の毛のスカスカは、放っておいても自然に元へ戻るのさ!


でどうしたんですか?( ゚Д゚)

先輩経営者

今までは、ホルモン抑制剤で、髪を抜けさせる力を封じて、もともと血管拡張剤として開発された薬で毛母細胞への血流を増加させていたんだが、副作用がつよく、この副作用を抑える薬で逆に脱毛が進むという皮肉な現象が起きやがって、俺も苦労したんだ!(※血管拡張剤というのは、血圧を降下させる薬らしいです。)

社長も苦労されていたんですね!

先輩経営者

でもな、有難いことに、副作用なしで、髪の毛を抜けさせる力を抑える成分、と毛母細胞への血流を増加させる成分が開発されて、そのおかげで、俺の髪はフサフサな元の髪に戻ったのさ!

 

飲み会が終わると、この有効成分が、キャピキシルだということをこの先輩経営者から聞きつけ、さっそく家にもどってググってみました。

 

髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ髪 スカスカ

キャピキシルってすげー!

ググってみると・・

4種類のアミノ酸で構成されている「アセチルテトラペプチド-3」と、植物由来「ビオカニンA」のふたつの成分を合わせてできた新しいスカルプ成分として今注目されている「キャピキシル」という期待の成分です。

アセチルテトラペプチド-3」の機能はわかりやすくいうと「発毛促進」です!

研究結果では血管拡張剤として開発された成分で発毛効果があるとされ、発毛剤に使われるようになったという「ミノキシジル」の3倍の効果があると発表されています。

 

もうひとつは「脱毛抑制」の役割がある「アカツメクサ花エキス」という成分から抽出されたビオカニンA」です。

アカツメクサには「ビオカニンA」という成分が含まれていて、AGA(男性型脱毛症)の原因でもある酵素やホルモンに働きかけるので育毛には有効だといわれています。

育毛には、「発毛促進」と「脱毛抑制」のふたつの要素が重要で、このふたつの成分を配合した今注目されている期待の新成分が「キャピキシル」なのです。

 

 

おーっ来た来た!僕が求めていたのはこんなのだったんだ!

というわけで、先ほどの先輩経営者にどういう「キャピキシル」の入ったスカルプ剤を使ったのかを電話で聞きました。

すると、「キャピキシル」の含有量が最も多いスカルプ剤を使っていました!

髪 スカスカを救った話題の育毛成分キャピキシル配合スカルプ剤

 

つけ心地は?

さっそくネットで購入して、使ってみました。

シャンプー後、しっかりとタオルドライをやってから使ってみました。

気になる生え際の前頭部から後頭部のつむじ部分を中心にノズルから液体をだし、指で頭皮に馴染ませます。そのあとすぐに頭皮マッサージを行いました。

意外と気持ちがよかったです。

さきほどの先輩経営者のお話しですと、他のキャピキシル配合育毛剤は、結構刺激があるらしいのですが、このスカルプ剤は、刺激はまったくありません。

僕の頭皮は、敏感肌なのですが、ヒリヒリ感とかは、一切ありませんでした。

ニオイは、人によって感じ方は違うでしょうが、ほとんど無香といっていいでしょう。 

育毛剤は夜・朝の1日2回が原則ですが、ニオイがない分、朝も心配なく付けられました。

この育毛剤は、防腐剤としてエタノールをつかっていない上、ミストという還元性の高い水を使っていたので、頭皮が敏感な僕でもだいじょうぶでした。

僕の場合、1ヶ月で抜け毛が減り、3ヶ月目で髪のボリュームがでてくる感じでした。髪がフサフサになるまで約半年かかりました。今でも使っています。

ただ人によって個人差があると考えます。

さきほどの先輩経営者は、フサフサになるまで8ヶ月強の期間がかかったといっていました。

1本に80ミリリットルはいっていますので、たっぷりつけて、朝・晩使っても余裕で1ヶ月以上もちました。

最近、街コンで知り合った子と付き合い始めました。なんとかゴールインして、母親に早く孫の顔を見せてあげたいと考えています。

僕の髪をフサフサにするきっかけを与えてくれたさきほどの先輩経営者には、大変感謝しています。

髪 スカスカを救った話題の育毛成分キャピキシル配合スカルプ剤

 

 

 

頭皮 乾燥 シャンプー 原因 髪の毛 ケア フケ 妊娠 記事 vol ヘア 美容 ドライヤー 女性 方法 ダイエット トリートメント 対策 一覧 オイル 静電気 ダメージ